魔法のフライパンを3年も待つ前に使いたい、鉄のフライパン

こんな記事を探しているからには、自炊しようとしてますね!?

ちょっと手間はかかるけど、料理自体が楽しみだったり、食費を少しでも安上がりにしたかったり、理由は色々あるでしょう。

「調理と片付けに時間を浪費するぐらいならカネ出すわ!」とか言っていた僕が、コロっと料理男子になってしまった理由は、「外で食べたらクソ高いステーキを、年中食べたい!」という思いから(笑)P1000499

でも、お肉好きならお分かりでしょうが…美味しいステーキは、肉の質もさることながら、焼き方が超重要!

強火で外側を一気に焼き上げつつ、中の赤身を残すには、鉄のフライパンは必須アイテム!そんなわけで、自炊初心者なのにチャチャっと鉄のフライパンに手を出したのでした。

スポンサーリンク

一生物かもしれないけど、なかなか届かない「魔法のフライパン」(笑)

「フライパンを変えただけで美味しくなった!」というクチコミで大変人気の「魔法のフライパン」。そりゃ~、僕も欲しいと思いましたよ。

でも、納期を見たらまさかの36ヶ月!!(※今は30ヶ月です)

錦見鋳造株式会社 魔法のフライパン等の販売。炭の効果で「うまい・はやい・うまい」

いやいやいや…3年も待ってたら、結婚して奥さんが料理してくれるかもしれないし、ステーキとかコッテリしたもの食べられなくなってるかもしれないし…人生何が起きるか分かりません!

せっかく美味しい料理を作るために奮発して魔法のフライパンを注文しても、3年もその味を知ることはできず、でも3年後に届くことが分かっていると、高いフライパンを買うのもバカバカしい…。

だったら、すぐに届く鉄のフライパンを買って、美味しい料理を3年分多く味わった方がかしこいですよ!

普通の鉄のフライパンと「魔法のフライパン」を比較!

では、魔法のフライパンと鉄のフライパン、一体何が違うのか?

それは、鉄板の厚さです。

魔法のフライパンの特徴

鉄板が薄いから、軽い!

魔法のフライパン最大の特徴は、厚さ1.5mmの鉄鋳物で作られていること。
一般的な鉄のフライパンは4~5mmの厚みがあるので、それだけ軽くて扱いやすい。

僕が使っている南部鉄器のフライパンは厚さ4mmで2.3kgありますが、魔法のフライパンは1.5mmで980g。

炒飯を炒める時やオムレツを作る時などには、煽りやすいので大きなメリットです。

高い熱効率:熱しやすいが、冷めやすい

ホームページにも「熱効率が高い」と紹介されているとおり、鉄板が薄い分、コンロの火力で暖まるのも早いです。

薄いゴム手袋でアツアツの肉まんを掴んだらヤケドしますけど、分厚いグローブだったら「熱っ!!」って思うまで、少し時間がかかりますよね?そういうことです。

しかし!!「だから素晴しい!」ということにはなりません。

身近な例を挙げましょう。

同じ時間に、湯呑みに入れたアツアツのお茶と、お風呂に張ったお湯を30分放置してみます。

お茶はだいぶ冷めちゃいますけど、お風呂のお湯はそんな冷たくはなりませんよね?
お湯の量が多い方が冷めにくいわけです。

鉄も同じで、熱を持った鉄の量が多い方が冷めにくい。つまり、分厚い鉄の方が冷めにくい。

これを料理に当てはめると、薄い鉄板は火にかけると短時間でアツアツになりますが、そこに冷たいお肉を乗せると、一瞬冷めてしまうわけです。厚みがある方が冷めにくく、ジワジワと熱を送り続けます…こっちの方が、美味しく焼けそうじゃないですか??

僕が分厚いフライパンを愛用する3つの理由

P1000494

分厚い方が美味しく焼ける

上に書いたとおり、分厚い鉄板の方が冷めにくく、じっくりと火を通し続けてくれるので、薄い鉄板よりも美味しく焼けると思うんです。

魔法のフライパン、たしかに軽くて扱いやすく、その薄さを実現する技術力は素晴しいと思います。でも、フライパンを振り回して料理するケースは少ないですから、だったら多少重くても、美味しく料理できる方が良いと思うんですよね。

保温性が高い

分厚い方が冷めにくいとしつこく書いてますが、その保温性の高さは大きなメリットです。

僕は鉄のフライパンで調理したあと、フライパンごとテーブルに運んで、その上で食べちゃいます。

P1000503

ステーキ屋さんだと、鉄板に乗ってお肉が出てきますよね?
そのおかげで、最後までアツアツのまま美味しく頂けるわけです。

家でわざわざあんな鉄板を用意するのは大変ですし、だからといってお皿に移してしまうと冷めてしまい、後半は冷めたお肉を食べることになっちゃいます。

ならば、鉄のフライパンに乗せたまま食べてしまえば良い!
すると、アツアツのまま食べれて、お皿も不要で洗い物も減って、一石二鳥♪

しかも、デリケートなテフロン加工と違って、鉄のフライパン(=鉄の塊)はとっても頑丈!
フライパンの上でナイフを通すと多少の跡は残りますが、フライパンの機能には何の影響もありません。

P1000497

すぐに手に入る(笑)

僕が買った南部鉄器のフライパン、これもなかなかこだわりの詰まった逸品ですが、1週間で届きます。

3年後の美味しい料理を夢見るより、すぐに食べたいじゃないですか(笑)

僕は「魔法のフライパン」を注文してませんし、食べ比べたこともないので、実際どんなに美味しいかはよく分かりません。

でも、物理法則からして冷めにくいことは間違いないので、食べる段階まで考えれば美味しいはずですよ!

そして何より、3年も待ってられませんから、すぐに美味しいお肉を食べたければ、普通の鉄のフライパンを買っちゃいましょう!